フコイダン療法をお考えなら統合医療と健康を考える会へ

ブログ
ブログ

『体験談☆取材』

『体験談☆取材』

先週、体験談取材に行ってきました!

今回の主役は、ズバリご夫婦! 夫唱婦随(婦唱夫随)の物語になります。

ご主人が肺がんになられて、奥様から当会へお電話をいただいたことがきっかけですが、 実は奥様も12年前に乳がんになられ、この時に低分子化フコイダンを飲まれたそうです。

そのフコイダンが入っていた箱をたまたま残していたそうで、 ご主人が肺がんと診断された翌日、その箱を見て改めてネットで検索。 それが白畑先生の研究しているフコイダンということで、先生の本を購入。 本を読み、すぐに当会へ連絡… 2017年の11月のことでした。

奥様に、「なぜ、12年前のフコイダンの箱を残していたのですか?」と、伺ったところ 「たぶん…フコイダンの感触が良かったから。 また何かあった時に…って思ったのかもしれない(苦笑) 」

当時、手術までの3ヶ月間をホルモン療法とフコイダン、 そして、それまで勉強されていた健康のための取り組み (食事・気功・体を温める等々)、 これをすぐ実行に移され、結果…手術をせずに、半年後にがんが消えていた!

こんな奇跡のような体験をされていた奥様ですからね! ご主人のがん宣告と同時に即行動! この経緯も頷けますよね~☆

詳しいお話は『通心』の出来上がりをお待ちいただくとして、 とにかくご主人の病気の改善のために、良いと思われることは骨身を惜しまず実践! ご主人もそんな奥様の気持ちをドーンと受け止めて、勧められるまま素直に実行!

底抜けに明るい奥様の笑顔。 寡黙なご主人のひと言ひと言に込められた愛情の深さ。

奥様が、『人生 ひろったもん勝! ついてるね!』 この格言がいいでしょう?と、 「私もひろった人生だから、何か人のお役に立ちたいのよ(笑)」と話せば、

ご主人は、「頼れるものがあるから強い! この人(奥様)と思い出を作りたいから…」と言われ、 いつも感謝の直筆メッセージを渡されているそうで、 『今日も元気に過ごせた。感謝!』 (ご主人、かなりの達筆です!)

とにかくお二人の温かい人柄に包まれて、元気をいっぱいいただいて、 とても温かいおもてなしを受けた私たち一同“心がほっこり” 和やかな楽しい時間を共有させていただきました! (^_^)v

この体験談、たぶん来月終わり頃には出来上がると思いますので、乞うご期待!☆

資料請求・無料相談

ページトップへ戻る