フコイダン療法をお考えなら統合医療と健康を考える会へ

医師紹介
医師紹介

当会のフコイダン療法が選ばれる理由

①多くの医師が採用

②2002年から継続している九州大学での基礎研究

九州大学大学院 農学研究院 生命機能科学部門 システム生物学講座 細胞制御工学分野細胞制御工学教室 (故)白畑實隆 元九州大学名誉教授が2002年から基礎研究を開始しました。
その契機は、福岡で開業する医師からの話でした。

70代後半の肺がんの患者さんで、見つかった腫瘍は4cmに達し、病院からは「年齢や体力を考えると、手術、抗がん剤、放射線治療、どれも難しい。西洋医学の力では治療の手立てがありません。余命3カ月です」と宣告を受けていたそうです。
その医師はセカンドオピニオンを求められ、食事療法や東洋医学と併せて低分子化フコイダンというものの飲用を提案したと言います。まだ臨床例が少ないサプリメントで、その医師にとっても初めて使用するものでしたが、少しでも可能性があれば」という気持ちで推薦したのだそうです。
激しい咳を伴い、寝たきりだったその患者さんは、飲用開始3日目で咳がおさまり、半月後には散歩できるほどの回復をみせました。3カ月後の検査では、腫瘍マーカーはなんと正常値に戻っていました。4cmもの大きさになっていた腫瘍は、きれいに消えていたのです。この結果には、余命宣告をした医師たちも「信じられない!」と驚きを隠せなかったそうです。「これは、研究してみる価値があるのではないか」と直感し研究を開始されました。

現在は同教室の照屋輝一郎助教が白畑先生の意志を引き継ぎ、当会理事として症例収集・研究を継続実施しています。

③基礎研究と臨床研究の学会・論文発表

■基礎研究

●2015年10⽉ 第74回日本癌学会学術総会:名古屋

酵素消化低分⼦化フコイダン抽出物と抗がん剤の併用における抗腫瘍作用増強効果

●2011年11月 PloS ONE(プロスワン)誌 論⽂

“Fucoidan extract induces apoptosis in MCF-7 Cells via a mechanism involving the ROS-dependent JNK activation and mitochondria-mediated pathways”

■臨床研究

●2017年2月 Integrative Cancer Therapies ジャーナル 論文

An Exploratory Study on the Anti-inflammatory Effects of Fucoidan in Relation to Quality of Life in Advanced Cancer Patients

●2015年11⽉ 第12回国際SIO会議(Society for Integrative Oncology):ボストン

Exploratory study on Anti-inflammatory effect and QOL by low molecular fucoidan (LMF) for advanced cancer patients in Japan.

●2015年10⽉ 第53回日本癌治療学会学術集会:京都

進行癌患者に対する、低分子フコイダンによる抗炎症作用とQOLに関する探索的検討

●2015年10⽉ 第74回日本癌学会学術総会:名古屋

進行癌患者における、低分⼦フコイダンによる抗炎症作用に関する探索的検討

低分子化フコイダンをがん治療に採用する医師

医師名:堂福 隆一【どうふく りゅういち】特別顧問

(NPO法人統合医療と健康を考える会特別顧問)
1966年東京大学医学部医学科卒業後、東京大学医学部付属病院研修。68年東京都立駒込病院内科勤務。
70年シティ・オブ・ホープ・メディカルセンター生物学部〈カリフォルニア〉、73年メモリアル・スローン・ケタリング・癌センター免疫部門〈ニューヨーク〉。
75年財団法人癌研究会癌研究所細胞生物部。82年オランダ癌研究所腫瘍生物学部〈アムステルダム〉。
83年財団法人癌研究会癌研究所細胞生物部。99年退職。元ニューヨーク科学アカデミー会員・元日本癌学会会員・医学博士。

- (以下、五十音順) -

医師名:伊藤 信久【いとう のぶひさ】

(グレースメディカルクリニック院長)
病気を治すということにとどまらず、病気を防ぐための栄養療法や、アンチエイジングに取り組み、保険医療の枠に捉われずに患者様一人ひとりが内外共に輝けるようサポートすることを目指されています。
2002年鹿児島大学医学部卒、2010年医療法人和田医院 副院長、2013年医療法人聖和会 宮本内科 副院長、2014年グレースメディカルクリニック 院長

医師名:景山 精二【かげやま せいじ】

「すべての病気は全身につながっている」という考えに基づき、目に見える「がん」だけに目を向けて治療するのではなく、患者さんのからだをトータルでとらえた医療を目指されております。
京都府立医科大学卒業
日本内科学会、日本神経学会、日本抗加齢医学会、日本先進医療臨床研究会に所属

医師名:川口 光彦【かわぐち みつひこ】

(医療法人川口内科 川口メディカルクリニック院長)
1982年兵庫医科大学卒業後、岡山大学第一内科に入局。87年から3年間、肝細胞培養の基礎研究と肝臓病一般の診療に携わる。89年財団法人慈風会津山中央病院内科に赴任。93年医学博士号取得。96年津山中央病院消化器肝臓部門部長に就任。2006年医療法人川口内科副院長として勤務。07年医療法人川口内科院長(理事長)就任。医学博士。

医師名:河村 宗典【かわむら むねのり】

(特定医療法人誠仁会協和病院 名誉院長)
1938年山口県生まれ。64年神戸大学医学部卒業。76年私立大久保病院創立(兵庫県明石市)。81年医療法人誠仁会協和病院設立(神戸市西区)、院長就任。85年電解還元水を取り入れた治療をはじめる。同時に九州大学大学院白畑實隆教授とともに電解還元水の解明に取り組む。がん治療に免疫監視療法(BRP療法)を導入。2005年8月フコイダンをがん治療に取り入れる。
05年11月ハイパーサーミア(温熱療法)を導入。医学博士。

医師名:木島 穣二【きじま じょうじ】

(医療法人木島医院、一番町きじまクリニック院長)
東京医科大学卒業、東京逓信病院外科にて初期研修、東北大学第二外科(現;乳腺内分泌外科)、公立気仙沼総合病院(現;気仙沼市立病院)、医療法人木島医院、一番町きじまクリニック開業
医学博士、日本外科学会外科専門医、日本乳癌学会認定医、検診マンモグラフィー読影医、日本医師会認定産業医、点滴療法研究会IVC認定医、航空身体検査指定医

医師名:喜多村 邦弘【きたむら くにひろ】

(医療法人喜和会 喜多村クリニック)
1963年福岡県生まれ。外科医として20年以上がん治療や研究に携わる。抗がん剤の副作用に苦しみ耐えながら生きてゆくがん患者、治療効果がないとがん難民をつくる現在のがん治療を経験。「イキイキと生活ができないがん治療は意味がない」を信条とする。統合医療で副作用がなく、元気に生きるがん治療を実践。
生きる目的を見つめ直し、元気にイキイキと生きることの大切さをがん患者へ伝える。

医師名:小井戸 一光【こいと かずみつ】

(医療法人札幌がんフォレスト 癒しの森内科 消化器内科クリニック院長)
1977年北海道大学医学部卒業。82年自治医科大学放射線科。85年札幌厚生病院消化器内科医長。96年札幌医科大学放射線科助手、99年講師、2007年准教授。イギリス王立マースデン病院、ドイツアーヘン大学、カナダカルガリー大学に出向経験あり。日本内科学会認定内科医。医学博士。

医師名:河野 英雄【こうの ひでお】

(麹町内科院長)
患者様と向き合うことで患者様の希望に合った治療を優先し、ホームドクターとして責任ある医療を心がけておられます。
昭和52年 東京慈恵会医科大学卒業
城南病院 内科勤務、神奈川県衛生看護学校附属病院 内科勤務、富田浜病院 内科勤務、北品川病院 内科勤務
2008.5月~現 麹町内科院長
麻酔科標榜医、内科学会認定医

医師名:齊木 豊徳【さいき とよのり】

(医療法人 福徳永会 さいきじんクリニック.理事長)
薬をなくす、もしくは、可能な限り少なくするECO医療に自然治癒力を高める統合医療を実践されています。
1989年川崎医科大学医学部卒業、川崎医科大学附属病院内科入局、1998年医療法人社団 尚志会 笹原病院院長、2001年さいきクリニック開院、2005年医療法人 福徳永会 さいきじんクリニック.理事長
日本内科学会総合内科専門医、日本腎臓学会認定専門医、日本透析医学会認定医・指導医、キレーション治療認定医、抗加齢学会認定専門医、ホリスティック医学協会ホリスティックヘルス塾インストラクター

医師名:齋藤 博【さいとう ひろし】

北海道北見市で生まれ、昭和47年東北大学医学部を卒業、聖路加国際病院、国立がんセンター中央病院で研修。 東北大学第3内科に勤務、フランス癌免疫遺伝学研究所、パリ市民病院へ留学。昭和62年山形県立中央病院で腫瘍内科医として、消化器癌を中心に肺がん、血液、原発不明がん等の癌化学療法に従事。
1988年より厚生労働省のJCOGの集学的治療班の消化器がん部門の班員を歴任、WJOG(西日本がん研究機構) 運営委員、施設調査委員会 副委員長、東北臨床腫瘍研究会 幹事、理事、山形県消化器病懇話会 幹事、山形県喫煙問題研究会 会員
ASCO (米国臨床腫瘍学会)、日本内科学会、日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会、日本消化器病学会、日本内視鏡学会、日本東洋医学会、日本緩和医療学会、日本集団検診学会、日本心療内科学会に所属
日本内科学会 認定医、日本癌治療学会 臨床試験登録医、日本臨床腫瘍学会 暫定指導医、評議員、日本がん治療認定機構 暫定教育医、認定医、日本内視鏡学会専門医、日本医師会 認定産業医

医師名:高橋 安毅【たかはし やすたけ】

(医療法人たかはし内科理事長)
もともと喘息や肺がんなどの呼吸器内科が専門でしたが、今は「患者さんのこと全部」が専門で、「ここへ来れば何とかしてもらえる」、そんな悩みを抱えた患者さんに寄り添った診療をされています。
1985年 徳島大学医学部卒業、徳島大学呼吸器膠原病内科入局
1997年 たかはし内科を開業、医学博士 コウノメソッド実践医

医師名:天願 勇【てんがん いさむ】

(統合医療センタークリニックぎのわん院長)
1947年沖縄県うるま市志川生まれ。72年大阪市立大学医学部卒業。72年沖縄県立中部病院。77年国立がんセンター中央病院。
82年亀田総合病院。88年ハートライフ病院を開設。2001年統合医療センターを開院。11年国際統合医学会学術集会会頭。
日本医学交流協会理事。

医師名:中島 真太郎【なかじま しんたろう】

(広島大腸肛門クリニック院長)
生活の質を落とさずがんと共存してより良い人生を送ることができる治療を目指されています。
平成3年国立・広島大学医学部卒業 、 12年 広島大学大学院修了(医学博士)、
平成15年呉市医師会病院外科・肛門科医長平成19年10月17日広島大腸肛門クリニック開設
日本外科学会定認定医・専門医・元指導医、日本大腸肛門病学会認定専門医・指導医、日本消化器病学会認定専門医、日本消化器内視鏡学会認定専門医、日本消化管学会胃腸科専門医

医師名:中村 仁信【なかむら ひろのぶ】

(彩都友紘会病院 病院長)
患者さんに希望を持ってもらえるように日々接しながら「切らずに治すがん治療」を目指されています。
1971年大阪大学医学部卒業、1997年国際放射線防護委員会(ICRP)1995年大阪大学医学部放射線科教授、2003年大阪大学ラジオアイソトープ総合センター長、2004年大阪大学付属図書館長、2009年大阪大学名誉教授 彩都友紘会病院 病院長就任

医師名:西本 真司【にしもと しんじ】

(西本クリニック院長)
1961年和歌山県生まれ。近畿大学医学部卒業。熊本大学医学部附属病院麻酔科、熊本赤十字病院麻酔科、山鹿市立病院を経て、96年西本第2クリニックを開業。自らの潰瘍性大腸炎の闘病経験を生かしたホリスティックな医療を実践する。東洋学的な治療としては漢方、針、気功治療を行い、代替医療としてサプリメント療法の指導、ヒーリング、アロマテラピー、リフレクソロジーなども行う。さらに音楽療法や笑い療法も取り入れ、「笑って踊れるクリニック」を確立している。

医師名:花牟禮 康生【はなむれ やすお】

(医療法人康陽会花牟禮病院院長)
1982年日本医科大学卒業、日本医科大学付属第一病院内視鏡科(消化器内科)に入局。92年医療法人康陽会花牟禮病院勤務、97年4月院長就任、2003年理事長就任。日本消化器内視鏡学会指導医・政管健保生活習慣病予防検診嘱託産業医・日本消化器病学会専門医・日本消化器学会認定医・日本内科学会認定医・日本臨床内科医会認定医・日本人間ドッグ学会認定医。医学博士。

医師名:春田 博之【はるた ひろゆき】

(芦屋こころとからだのクリニック院長)
1989年近畿大学医学部卒業、近畿大学医学部神経内科に入局、1995年医学博士号を取得、同年、馬場記念病院にて神経内科医長、2001年春田クリニック院長就任、2014年「芦屋こころとからだのクリニック」を開院
日本内科学会、日本アロマセラピー学会 理事、日本色彩学会、日本認知療法・認知行動療法学会

医師名:真島 康雄【まじま やすお】

(真島消化器クリニック院長)
1976年久留米大学医学部卒業後、第2内科入局。85年細径の肝腫瘍生検針:Majimaneedleを開発。真島式肝臓麻酔法を考案。
88年第1回肝臓学会研究奨励賞受賞。89年久留米大学第2内科講師、90年日本肝炎財団研究奨励賞受賞。
93年エタノール注入療法に使用する針:ペイターニードルを開発。95年真島消化器クリニック開院。
96年PowerPEIT(径皮的肝がん栄養動脈穿刺塞栓術)に成功、方法論を確立。97年パリ(肝―胆道センター)にて肝がんの早期診断とPEITを講演、技術指導。医学博士。

医師名:萬 憲彰【よろず けんしょう】

(医新会よろずクリニック理事長)
あきらめず希望を持ってクリニックに来院してくださった患者様やご家族様に、たとえ遠方の方であっても日本で行える良質な治療をご提供できるように日々取り組んでおられます。
平成15年産業医科大学 医学部 卒業、鳥取大学医学部付属病院 第二内科入局、平成16年済生会江津総合病院勤務 消化器内科、平成20年十字会野島病院 消化器科医長、平成23年医新会よろずクリニック 理事長
日本内科学会、日本消化器病学会、日本内視鏡学会、先進統合医療部門登録医(癌免疫療法)、エピジェネティック療法研究会、日本統合医療学会
日本フェロトーシス臨床研究会 理事、日本先制臨床医学会 理事、日本プロテオ研究会 代表理事、腸内フローラ移植臨床研究会 専務理事

ページトップへ戻る