フコイダン療法をお考えなら統合医療と健康を考える会へ

ブログ
ブログ

『もうすぐ、春…』

『もうすぐ、春…』

“三寒四温”という言葉が聞かれるようになってきました。
この表現、冬から春に移り変わる際によく使われますが、本来は冬の気候を表す言葉だったそうです。

あと二週間もすれば、今度は桜前線の話題になるでしょうし、
日に日に春の気配を感じるこの時期は、なんとなく気分も弾みます!

最近、改めて思うことですが、“日本の四季“っていいですね。
春・夏・秋・冬…それぞれの季節に趣・風情があり、
自然の営みの中に私たちも生かされているような感覚になります。

普段はせわしなく毎日が過ぎて、あっという間に時間が経ってしまいますが、
ある瞬間、ふと季節を感じることがあって、
街路樹の葉や、家々の玄関先に飾られているプランターの花、見上げた空の青さや流れる雲のかたち…。
もっと言えば、肌にあたる風の感触というか、空気感のようなもの。

以前、患者さんから「心の在り様」というお話を伺いましたが、

がんの宣告を受けた時、頭が真っ白になって、絶望感しかなかった…あの瞬間。
そして少しずつ冷静になり、今度は、なんとかしなければ…という焦りと、
もしできなかったら…という不安の日々。
そのあとは、時間の経過と共に現実を受け止め、周りや自分が見えてきて
信じるもの・頼るものが明確になった安心感。
最後は、ようやく前向きな気持ちになり、家族や周りへの感謝の思いと、
生かされていることのありがたさを実感。

「まるで春夏秋冬のようで、“冬来たりなば春遠からじ”、まさにこの心境ですね…」
と、笑っておっしゃいました。

思わず私も、「確かに、四季そのものですね。ちなみにどの季節がお好きですか?」
答えはやはり、「もちろん“春”ですよ!(笑)」

今、厳しい冬の真っただ中に身を置かれている方も、きっと春の訪れは来る!と信じて
前を向いて、一歩一歩と進んでいってほしいと願います。

春はこれからですから…☆

資料請求・無料相談

ページトップへ戻る