フコイダン療法をお考えなら統合医療と健康を考える会へ

ブログ
ブログ

『あれこれと模索しながら…』

『あれこれと模索しながら…』

がんに関連する書籍って驚くほど多いですよね!
総体的な本、部位別に書かれている本、食事本などは数知れず…
そして心の在り様を説く本などもあります。

情報社会の今は、病気になるとまずネットで検索される方が多く、
当会へ問い合わせてこられる患者さんの中にも、ご自身の病気について、
ビックリするくらい詳しい方がいらっしゃいます。
良くお勉強されているなぁ…と、本当に感心してしまうのですが、
ただ少し気になることもあります。

それは、
“情報に振り回されている…”、或は“縛られている?”
時々そんな風に思える方もいらっしゃって、
本来、「病気を知る」ということはとても大切なことですが、
種々様々な情報が溢れているこの時代、
その見極めが逆に難しいのかもしれないとつくづく思います。

いわゆる“ドクターショッピング”もそうですよね。
より良い治療を求めて、次々と色々な医療機関を渡り歩く…
でも、元はと言えば、患者さんの「治りたい!」という強い思いから発したことですから!

このテーマは、患者さんとの話の中でもよく言われることで、
どこに着地点を置くのか…自己の思いと現実の狭間で揺れ動き、誰しも大いに悩まれます。

私自身、何がその方にとって良い方法なのか?と、いつも悩みますし、
その答えを導くために、対話をするわけですが、
ご自身の進むべき道(方法)が、なんとなく形になって安心される方もいらっしゃれば、
時には愚痴・涙も交えながら、今の心情を吐露される方もおられます。

「話ができて良かった…」
たとえ明確な答えは出せずとも、そう言って下さる患者さんも多く、
その言葉に支えられて、一年…二年と、気付けばもう16年目の統健会。
結構長いお付き合いの存在になっているようです。

ページトップへ戻る