フコイダン療法をお考えなら統合医療と健康を考える会へ

ブログ
ブログ

『サプリメント…?』

『サプリメント…?』

「フコイダンはサプリメントですよね?」、あるいは「健康食品ですか?」と聞かれることが結構あります。
医薬品ではないという意味で、「はい、そうです」とお答えしていますが、
細かく言えば、フコイダンは“サプリメント”でも“健康食品”でもなく、“栄養機能食品”になります。

こう言いますと、まず「サプリメントと健康食品って同じでしょう?」と思われる方が意外と多い気がしますが…
実は、その用語に行政的な定義はなく、一般的には
健康食品とは、『健康の保持増進に資する食品全般』
サプリメントとは、『いわゆる健康食品のうち、特定成分が濃縮された錠剤やカプセル形態の製品』

これ以外にも栄養補助食品とか特定保健用食品、栄養機能食品など、様々な名称の食品があり、
それらは、(A) 国が保健効果や健康効果などの表示を許可しているものと、(B)それ以外のものに分類できます。

フコイダンは、(A)グループの中の保健機能食品のひとつである、“栄養機能食品”です。
ですから、当然健康維持が目的で飲まれている方もいらして、解明されているフコイダンの機能には様々な作用があります。

抗腫瘍・抗がん作用、抗ピロリ菌・抗潰瘍作用・胃不快感改善作用、抗アレルギー作用・抗炎症作用、
肝機能向上作用、抗生活習慣病(血中コレステロール値・中性脂肪値・血糖値の改善・抗肥満)、抗糖尿病作用、
抗ウイルス作用、抗菌作用・抗酸化作用・血液凝固阻止作用・美肌作用

がんの患者さんが飲まれることの方が多いとは言え、こうして並べると、改めて私たちの生活や健康に大変良い食品成分だなと思います。
もちろん、医薬品ではありませんから(健康食品で最も配慮されていることは、医薬品との違いです!)
そのことも十分にわかった上で、病気の改善や予防、健康維持のために上手に活用していけたらいいですね☆

ページトップへ戻る