フコイダン療法をお考えなら統合医療と健康を考える会へ

特定非営利活動法人(NPO法人) 統合医療と健康を考える会

ご相お問い合わせは
統健会まで

0120-661-566

  • 受付時間:10:00~17:00
  • 定休日:第2・第4土曜・日曜・祝日
  • 受付時間10:00~17:00
  • 定休日 第2・第4土曜日
    日曜・祝日

ブログ
ブログ

『ひな祭り』

『ひな祭り』

今日はひな祭り。

“桃の節句”とも言われますが、本来桃の花の開花は3月下旬から4月上旬。
ちょうど旧暦の3月3日が桃の花が咲く時期だったので、“桃の節句”と呼ばれるようになったとか…。
また、桃は中国では不老長寿の仙木と言われ、邪気を払う力があると考えられていたそうです。
“節句“と言うのは季節を分ける節目、季節の変わり目のことですから、
今でも「体調を崩しやすいので要注意!」と、よく言われますよね。

現在、新型コロナウイルスという進化した病魔に襲われ、散々な目に遭っている私たちですが、
科学・医学の進歩に頼りつつも、古のように天に願いをかけて祈りたい気持ちになります。

残念なことに、今は何をするにしてもコロナ抜きでは考えられないため、
患者さんにとっても大変な状況が続いていますが、
皆さんが一番困っていることは、やはり入院中の面会不可でしょうか…
ご家族にとっても、患者さんの様子がわからないのは大変不安なことですから!

また、「フコイダンを飲ませたいのに、どうにも手立てがなくて…」というお声も多く、
皆さん、退院の目途がつくことを祈るように待っておられます。
がんという病気は時間との闘いとも言われますからね…つらい時間だと思います。

あと、最近よくお聞きするのが、「もっと早く相談していれば…」というお声。
やはり標準治療が中心になるので、サプリメントに対して抵抗があるのはもちろん、
がんは病院で治療するという考えは、ごく一般的なことなので仕方がないと思いますが、
できれば体力・免疫力のあるうちに考えていただけたら、また色々な可能性も見えてくるのかもしれません。
ただ、最近では「抗がん剤でがんは治らない、あくまでも延命」とはっきり言われる
ドクターも増えてきたようで、最初から治療の多様性を探る方も多くなりました。

今は昔とは違い、「癌は治らない病気」ではなくなりました。
だからこそ、希望を持ち、正しい情報を得て、広い視野で可能性を見極める!
これも大事な選択肢のひとつでしょう!

今日の桃の節句に思いを馳せ、古の人の風習にならって病魔を払い、
健やかな日々になりますよう、願いを込めたいと思います。

ページトップへ戻る