フコイダン療法をお考えなら統合医療と健康を考える会へ

特定非営利活動法人(NPO法人) 統合医療と健康を考える会

ご相お問い合わせは
統健会まで

0120-661-566

  • 受付時間:10:00~17:00
  • 定休日:第2・第4土曜・日曜・祝日
  • 受付時間10:00~17:00
  • 定休日 第2・第4土曜日
    日曜・祝日

ブログ
ブログ

『講演会と患者さんの集』

『講演会と患者さんの集』

昨日友人から紫陽花をいただきました。
この時期は庭いっぱいに色とりどりの紫陽花が咲くそうで、
あまり見たことがない品種も多く、それはそれは見事なくらい綺麗でした。
やはり6月の花と言えば紫陽花ですよね!
雨に濡れた紫陽花は物寂しげで、どこか憂いを含んだような雰囲気が漂っていますし、
雨上がりの陽射しの中で、キラキラと光る露を帯びた紫陽花もまたいい感じです。
梅雨時はジメジメ・蒸し蒸しと不快指数が高く、どうしても過ごしにくくなりますが、
紫陽花の花を観賞しながら、「梅雨も満更でもない…」と、感じるのもいいのでは?

巷ではオリンピック開催に関連して、いつにも増してコロナのニュースが多いですが、
オリンピックに限らず、大勢の人を集めての催しはまだまだ不安がいっぱいですよね。
多くのイベントや様々な公演などが中止になっているこの状況が、果たしていつまで続くのか…
当会でも、「先生方の講演会」や「患者さんの集い」など、もう一年以上開催できておりません。

時々、皆さんからも、「今はまだ無理でしょうけど、講演会の予定とかありますか?」
「早くまた“患者の集い”があるようにと願っています!」など、
そういうお声が届きます…本当に! 私たちも切に願うところです。

フコイダンをがん治療の補完目的として実践している先生方の「講演会」は、
情報提供としての役割はもちろん、標準治療では上手くいかない患者さんにとって、
あるいは、がん治療そのものを広範囲に捉えようと考えている方にも、
ただフコイダンに関することだけではなく、がんを治すために必要な取り組み、
考え方など、改善を目指す方々の心の支えになるようなお話もあって、
中には何度も足を運ばれる患者さんもいらっしゃるほどです。

また、「患者さんの集い」は、フコイダンを飲用されている方々の情報交換の場として、
同じ“がん患者”という安心感のもと、お互いに色々なことを話したり、尋ねたり…
そのうち、“がん友”になり、お茶仲間になった方も!(^_^)

病気だからこそ、自分ひとりだけで悩むのではなく、家族のサポートはもちろんですが、
時として誰か(他人)の励ましが支えになることもあるように思います。

とにもかくにも、コロナのワクチン接種が進み、一日も早く収束に向かうよう、
そして、「講演会・患者さんの集い」が開催できることを願うばかりです。

ページトップへ戻る