フコイダン療法をお考えなら統合医療と健康を考える会へ

特定非営利活動法人(NPO法人) 統合医療と健康を考える会

ご相お問い合わせは
統健会まで

0120-661-566

  • 受付時間:10:00~17:00
  • 定休日:第2・第4土曜・日曜・祝日
  • 受付時間10:00~17:00
  • 定休日 第2・第4土曜日
    日曜・祝日

ブログ
ブログ

『梅雨明け…暑い!』

『梅雨明け…暑い!』

ようやく梅雨が明けましたね。
各地で例年より早い梅雨明けになったようですが、今年は梅雨入りが早かったので
過去最長の長~い梅雨となりました。
大雨による甚大な被害もあり、ここ最近はとにかく天候を懸念することが多かったので、
梅雨明けが待ち遠しかったです。
とは言え、今度は連日の猛暑で熱中症警戒アラートが発表されています。
これから本格的な夏のシーズンを迎えますので、屋外では日傘・帽子を使用し、
室内でも熱中症は起こりますので、冷房などで室温の調整をすることも必要です。

熱中症対策としては、こまめな水分補給も欠かせませんが、
「喉が渇いた」と感じる前に水分を摂ることが大切だと聞きました。
そして、大量に汗をかく場面では汗と一緒に塩分も出ていきますので、塩分補給も必要!
塩分の含まれるスポーツドリンクで水分補給をしたり、経口補水液もお勧めだそうです。
また、汗で失われる成分には、塩分の他にもカリウムやマグネシウム、鉄、亜鉛などがあり、
特にカリウムは失われる量が多いので食べ物からも補給するようにしたいですね。

カリウム補給にお勧めの食べ物としては、ほうれん草・小松菜・ブロッコリー・枝豆、
かぼちゃ・里芋・さつまいも、バナナ・メロン・キウイ・アボガド…等々
カリウムは水に溶けやすく、煮る・茹でるといった調理法では失われやすい栄養素です。
煮汁ごと食べられる汁物やスープがお勧めですが、カボチャやイモ類は茹でてもあまり
カリウムの量が変わりません。 手軽に食べられる果物もいいですね。

他にも、夏バテ予防のために摂りたい栄養素として、ビタミンB1があります。
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きがあり、疲労回復に役立ちます。
特に夏はアイスやジュース類とか、冷たくて喉ごしのよい麺類など、糖質の摂取が多い
食事が増えますから、ビタミンB1が不足しないように補給したいですね。

ビタミンB1を多く含む食べ物としては、豚肉、胚芽米・全粒粉、ごま、大豆、うなぎ
などがありますが、豚肉はお値段もお手頃なので調理しやすい食材だと思います。

ひと昔前の夏と違って、今は真夏日が当たり前で、猛暑日も珍しくありません。
コロナ禍におけるマスク着用が欠かせない日常の中で、特に夏場はその息苦しさ・暑さも
耐え難いものがありますよね…マスク熱中症 (>_<)

それでも、どのような環境であれ、私たちは暮らしていかなければなりませんから、
自分でできる対策を講じながら、今年もこの暑い夏を乗り切っていけるよう、
心身ともに、いたわりつつ、時には鍛えつつ、励んでいきましょう!

ページトップへ戻る