フコイダン療法をお考えなら統合医療と健康を考える会へ

特定非営利活動法人(NPO法人) 統合医療と健康を考える会

ご相お問い合わせは
統健会まで

0120-661-566

  • 受付時間:10:00~17:00
  • 定休日:第2・第4土曜・日曜・祝日
  • 受付時間10:00~17:00
  • 定休日 第2・第4土曜日
    日曜・祝日

ブログ
ブログ

『患者さんと医師、そして統健会』

日頃の問い合わせで多い質問のひとつが、「先生相談・主治医への対応」
低分子化フコイダンはサプリメントですから、通常は商品の説明書きを参考に適量を飲めばいいのです。
しかし、それはあくまでも健康維持の方の場合。
私どもでは、がんの患者さんに対しては、研究者・医師のアドバイスに倣って飲み方を説明しています。
がんに対してできるだけ有効に作用するようにと、基本的な飲み方を紹介しているのです。

その際に聞かれるのが、まず「主治医にも話した方がいいですか?」
中には、最初から主治医へ報告しなければいけないと考えている方や、
主治医の許可がなければフコイダンは飲めないと誤解されている方も。

当会がお勧めしている低分子化フコイダンは天然のものなので、原料はモズクですしね。
当然、副作用はありませんし、他のサプリメントや漢方等との併用も問題なし。
もちろん治療の妨げにもなりません!
かえって、治療と併用することで相乗効果が期待できるというものです。

だから、「あえて主治医には報告しなくても問題はありません」という答えになります。
その上で、このフコイダンに関する相談として、当会提携の先生方をご紹介しています。

本来、医師がサプリメントを勧めるなんてことは考えにくいと思います。
現にほとんどの病院では、サプリメントはもちろん、主治医が勧める治療以外は否定されることが多いです。
当会が紹介しております先生方は、長年多くのがん患者さんを診てこられた中で、
なかなか改善されない、再発転移を繰り返す…等々、がんの標準治療の限界を感じられ、
少しでも患者さんのためになればとの思いから、標準治療の枠を超え、広い視野と柔軟的なお考えで、
低分子化フコイダンを取り入れておられます。
だからこそ、治療との併用を含め、きちんと相談を受ける「医師」がいて、
フコイダンに関する問い合わせの窓口として「統健会」があります。

そして、先生方は「あきらめない」という気持ちが何より大事なことだと言われます。
その気持ちが治療に対しても前向きな姿勢となり、自分自身のことだという自覚が生まれ、
病院任せではなく、ご自身が考えて決めた“がん治療”になるとのこと。

『がんは治せる病気です。そして、治すのはあなた自身です!』
この言葉には、先生方の信念と患者さんに対する思いや期待が込められているようです。

ページトップへ戻る