フコイダン療法をお考えなら統合医療と健康を考える会へ

フコイダンについて
フコイダンについて

Menu

 

東京医科大学 落谷教授による研究

低分子化フコイダンの免疫機能を解明

東京医科大学 落谷孝広教授

東京医科大学 医学総合研究所 分子細胞治療研究部門 教授 落谷孝広先生による「食品中エクソソーム成分の免疫制御機構の解明」と題した、低分子化フコイダンの免疫機能を解明を目的とする研究が始まりました。

落谷孝広教授の略歴

東京医科大学 医学総合研究所 分子細胞治療研究部門 教授
国立がん研究センター研究所 客員研究員

1988年:
大阪大学大学院博士課程修了(医学博士)
同年大阪大学細胞工学センター文部教官助手
1991年:
米国ラホヤがん研究所(現・SFバーナム医学研究所)
ポストドクトラルフェロー
1993年:
国立がんセンター研究所主任研究員
その後同分子腫瘍学部室長、がん転移研究室独立室長を経て
2010年:
国立がん研究センター研究所分子細胞治療研究分野、分野長
2017年:
国立台湾大学特別教授に就任
2018年:
東京医科大学・医学総合研究所、教授
早稲田大学客員教授、東京工業大学客員教授、星薬科大学客員教授、昭和大学歯学部客員教授、東京医科大学客員教授、慶應大学薬学部客員教授 を兼任
〈現在〉
  • 日本癌学会評議員
  • JSEV(日本細胞外小胞学会)会長
  • エクソソーム国際協会オフィシャルジャーナル
  • JEVのAssociate Editor、Cancer ScienceのAssociate Editor
など学会・研究会役員を務める
「低分子化フコイダン」であきらめない治療を九州大学大学院生命機能科学部門における基礎研究

「低分子化フコイダン」であきらめない治療を
九州大学大学院生命機能科学部門における基礎研究

九州大学大学院農学研究院生命機能科学部門システム生物学講座細胞制御工学分野細胞制御工学教室では、がん治療における海藻由来酵素消化低分子化フコイダンの抗腫瘍効果の研究を続けております。フコイダン(低分子化フコイダン)の機能や、細胞メカニズム、三大作用について数多くの学会発表を行っております。

九州大学フコイダン研究ページ

ページトップへ戻る